がん治療は病院で、肺がんに負けない暮らしを

病院手引

規定

病院とは医師や歯科医師が不特定多数人の為に医業、歯科医業をこなす場所の事を指しています。
患者を20人以上収容する施設を病院と定義しており、それ以下の場合は診療所とされています。

AHO世界保健機関の医療組織専門委員会は、病院の定義として医療組織と社会組織の結合された物であるとしています。
更に、全住民に治療や予防のヘルスケアを提供する場所である共記してあります。

外来

byouin

病院へ行くと、それぞれの医院に頭痛外来、腰痛外来と言うような表記があります。
内科や外科と言うような診療科名は、医療法で決められた診療科名しか名乗る事が出来ません。
しかし、専門外来はそれとは別に表記する事が可能です。
その為に、医療機関はその医師の得意分野によって、自由に専門外来を名乗る事ができるのです。
アトピー外来、気管支外来、と言うように、その症状に苦しんでいる人達をより専門的に見られるようにしています。

日本

tyoujyu

日本は長寿の国です。
その為に、高齢化が進んでがん患者の数も年々増加しています。
がん治療は手術や放射線治療を行いますから、外科に分類されていると勘違いする方が多いです。
しかし、がん治療はその特性によって対応が変化します。
その為、近年では血液ならば血液腫瘍内科、肺がんならば呼吸器経、化学療法によってがん治療を行うのなら化学療法科と言う形で分かれています。

少し前ならば、外科医が診断、手術、化学療法まで全てがんに関しての治療を引き受けていました。
しかし、がん治療に関しての薬、対応、レジュメの増加によって、外科医1人では補えないとの判断から、細分化に至ったのです。


おすすめサイト

乳がん手術を受けるなら|岡山NKクリニック

ヘッドライン

gan

国民病

厚生労働省の調べでは、日本人の死因として、昭和56年からがんが死…

byouki

がんの中でも死亡者数1位となっている肺がんですが、これはどのよう…

胃がん

胃がん

胃がんは、がんの中でも進行が遅いがんです。胃の粘膜部に発生し、胃…